売上をアップさせる、おもちゃせどりのコツ

目安時間:約 5分

忘れないうちにクリックする

人気ブログランキングへ
 
 
おもちゃせどりっていうと、どんなイメージがありますか?
 
”なんだかゴチャゴチャしているジャンル”だし
なんとなく掴みどころが無いイメージじゃないでしょうか?
 
だから、「なんとなく難しそうだな」なんて思ってしまいます。
 
 
それに、
「仕入れの資金も高くなる」とか
「回転が遅い」
「フィギュアを取り扱う自信がない」

なんだか、マイナス面しか出でこないですね。
 
 
でもこれって、実は「よくわからない」から、頭の中が整理できなくて、マイナス面しか見えないんじゃないかと思うんですよ。
 
サムハチも、おもちゃせどりを始める前は、「なんだか、仕入れ方がよく分からないし、本当に売れるの?」なんて思ってましたから。
 
おもちゃって、ちょっと特殊なジャンルで、そこに気づけば、頭の中がスッキリと整理できます。
 
 
 
 
「特殊」と書きましたけど、「おもちゃせどり」を特殊なものにしている原因って、”範囲が広すぎる”というところです。
 
ここを理解して検索する事って、実はおもちゃせどりのコツでもあります。
 
 
 
 
例えて言うなら、CDでいうところの「洋楽」と「邦楽」の違い、これを「ゴールデンレトリバー」と「柴犬」の違いだとすれば、
おもちゃでいうところの、「フィギュア」と「パズル」なら「犬」と「猫」位の違いがあるんです。
 
 
余計に分からないって(笑)
「ゴールデンレトリバー」と「柴犬」って、犬種は違いますけど、基本的な飼い方って似てますよね。
ただ、性質が違うから、そこは変えないといけません。
 
でも、「犬」と「猫」なら、もともと種類が違うから、飼い方も違うし、もちろん性質だって全然違うわけです。
 
 
つまり、「”おもちゃ”と一括りにしてるけど、
その中でも見るべきポイントが全然違う」ということなんです。

 
 
そんな違いを理解しながら見てみると、
「どんなものが人気あるのか」
「利益がある商品はどんなものなのか」

って、見えてくると思います。
 
 
その上で、フィギュアなら”フィギュアのポイント”を絞って検索にかけていくのがコツです。
 
 
「おもちゃせどりマニュアル」には、そんな”ジャンルの区分け”と、見るべきポイントが解説されているので、的を絞った検索ができるようになっています。
 
 
ところが、範囲を広くカバーしているんですけど、全部じゃないんですよ。
 
”おもちゃの範囲が広すぎる”ためなんですけど、「おもちゃせどりマニュアル」にも収録しきれていない所もあります。
 
独自特典としてお付けしている「学習系おもちゃせどり」は、マニュアルには載っていない商品を扱う、補助教材的な位置づけになってます。
 
「おもちゃせどりマニュアルで扱ってないんだから、大したことないんじゃないの?」
なんて思っちゃいました?
 
先ほど例で出した「パズル」なんですけど、「おもちゃせどりマニュアル」では扱ってないんですね。
でも、こんな感じのものが売れてます。
 

pazzle kobito
 
おもちゃせどりマニュアが「犬の飼い方」と「猫飼い方」を扱っているとすれば、特典は「うさぎの飼い方」くらいの違いでしょうか。
 
 
おもちゃって、”メインはフィギュア”と思われている節があって、
意外とこういったものがスルーされていて、侮れません。

 
 
しかも、扱ってみると思ったより回転も良いし、何より利益額が良いので、底上げを図りたかったり、伸び悩んでいるなら、取り入れてみるのが良いと思いますよ。
 
「おもちゃせどりマニュアルのレビュー」を見る
 
 

人気ブログランキングへ

おもちゃせどりマニュアルに特典を追加しました。

目安時間:約 4分

忘れないうちにクリックする

人気ブログランキングへ
 
 
「おもちゃせどりマニュアル」の特典を付けてなかったので、作成していたんですが、修正とか追加をしていたので、ちょっと長引いてしまいました。
 
 
ようやく完成です。
 
 
今回用意した特典は、おもちゃせどりを
 
・フィギュアが苦手
・大きな商品になるのが面倒
・資金が必要
・おもちゃは回転が遅い

 
と思っている人には丁度良い内容になってます。
 
 
最終的には、そういった物も対象にしてほしいんですが、最初から扱うには、リスクが大きそうですよね。
 
「もし売れなかったらどうしよう」
 
そんな気持ちは分かります。
 
そこで、おもちゃせどりで定番の「フィギュア」「戦隊物の大きなおもちゃ」ではなく、こんな特徴のあるジャンルを対象にしています。
 
・低価格
・高回転
・中~高利益

 
実は、「おもちゃせどりマニュアル」には載ってないジャンルなので、さらにライバルが少ないですよ。
 
 
利益については、感じ方がそれぞれだと思いますが、悪くないと思いますよ。
ちなみに、先週末に店舗へ行った時の実績として、下のような感じでした。
 
仕入れ5点:1,821円

販売価格予測:15,130円
 
時間として30分くらいの仕入れで、利益額は1万円くらいですね。
棚が狭いので、短い時間でも、サクッと出来ます。
 
 
ちなみに、自分で言うのもなんですけど、特典の中で解説している「出品コメントの書き方」がイチオシです。
 
結構、コメント適当な出品者っているじゃないですか?
最初はサムハチもテンプレートコピペで済ませてましたけど、なかなか苦戦しました。(^^;)
 
そこでコメントを見直して、検証した結果、販売率が30%アップした方法があるんです。
 
もちろん、今でも使ってるので、公開するか悩んだんですが、せっかく「おもちゃせどり」を始めようと思っている方には、しっかり売れるようになってほしいので、売れるコメントの秘訣を伝授します。
 
あ、テンプレートは付いてないので、考えたくない人はアテにしないでください。
 
コメントって結構読まれてるので、コピペになってしまうとオリジナリティが無いし、せっかく売れやすいコメントでも逆効果になってしまうからです。
 
さて、その○○系ジャンルおもちゃせどりマニュアル
は、「おもちゃせどりマニュアルレビュー」で確認出来ます。
 
「おもちゃせどりマニュアルのレビュー」を見る
 
 

人気ブログランキングへ

ライバルの少ない「おもちゃせどり」

目安時間:約 4分

忘れないうちにクリックする

人気ブログランキングへ
 
 
もしかして、「おもちゃせどり」に、苦手意識ありませんか?
 
というのも、おもちゃ関係を扱うようになって、半年以上経ちますけど、相変わらずライバル少ないなって感じるんですよ。
 
 
「なんで、ライバルが増えないんだろうな」
と考えていたんですが、
 
ある時、おもちゃを検索しているせどらーを見ていて、ふと思いつきました。
 
「たぶん、これが”おもちゃせどり”だと思ってるんだろうな」と。
 
 

まあ、おもちゃの中でも、一般的にそのジャンルは「高額になりやすく、売れやすい」とされているので、あながち間違いではないですが、取り扱うのに躊躇してしまうかもしれません。
 
どちらかというと、女性に敬遠されがちなジャンルでしょうね。
 
 
なんとなく分かるでしょうか。
 
 
 
それは、「美●女●ィ●ュア」関係。(伏せ字でも分かる?)
 
 
もしかして、これを仕入れるのが苦手で、おもちゃを敬遠してるのかな、なんて思いました。
 
 
だとすれば、非常に勿体無いですね。
フィギュアは、美●女ものだけではないし、私自身、このジャンルは積極的に見てません。
 
それにおもちゃは、フィギュアだけではないですよね。
 
 
むしろ最初は、このジャンルを見なくても良いんじゃないかと思います。
というのも、破損とかのチェックも大変だし、仕入れも高くなるし、レジに持っていくのも恥ずかしいし(笑)
 
まあ、好きな人には申し訳ないですが、よほど新品で、高利益じゃなければ、後回しで良いでしょう。
 
 
お子さんがいる方なら、よく分かると思うんですが、「親や祖父母が、子供に買ってあげたいおもちゃ」なんてのもあります。
 
その典型的なおもちゃが
「●●系玩具」ですね。
 
 
例えば、こういったもの。
にほんごであそぼ
(クリックすると、別窓で画像が表示されます)
 
 
こういった商品は、よくライバルがいる、「B○○K○F○」には、ありません。
なので、最初はそういったジャンルを取り扱う事をオススメします。
 
取り扱いできるようになれば、ライバルの少ない場所での仕入れが出来るようになるし、慣れてくれば、少しずつ違う商品を調べる余裕も出来てくるでしょう。
 
まあ、やってみると、それほど多くないので、やってみると新しい世界の幕開けを感じるでしょう。
(大げさかな?)
 
こんな風に、仕入れの幅を広げたい、ライバルの少ない場所で仕入れたいなら、「おもちゃせどりマニュアル」がオススメです。
 
 
「おもちゃせどりマニュアルのレビュー」を見る
 
 

人気ブログランキングへ

おもちゃせどりは楽しくて

目安時間:約 3分

忘れないうちにクリックする

人気ブログランキングへ
 
 
子供の頃、おもちゃに夢中になって遊んだり、反対に、欲しくて欲しくて仕方なかったけど、買ってもらえなかったなんて事なかったですか?
 
私は小学生の頃『ゲームウォッチ』っていう、携帯ゲームの先駆けみたいなおもちゃがあって、あれが欲しかったんですよね。
 
今の”3DS”とか、”PSP”みたいな携帯ゲームに比べれば、まさに『おもちゃ』なんですけど、見かけたら、たぶんテンション上がっちゃうでしょうね。
 
「うわっ懐かし!まだ残ってるんだ!」
ってな感じで。
 
 
おもちゃを扱うのって、結構楽しいんですけど、そんな子供の頃の楽しい思い出が、おもちゃにあるからなんじゃないかなと思いますね。
 
 
おもちゃって、箱は大きいし、手間の掛かる物もあります。
でも、チェックするのも楽しいんですよ。
 
「あ、電源がちゃんと入った」
とか、
「こんな風に遊ぶおもちゃがあるんだ」
 
なんて風に。
 
 
おもちゃに興味がなければ、こういった手間は苦痛かもしれませんが、親しめる人なら、楽しんで出来ると思います。
 
 
取り扱うものによりますが、”箱が大きい”とか”チェックが手間”という時点で、ライバルがぐっと減るんでしょう、
「あれ、ライバル少ない?」
そんな感じでやれます。
 
 
 
取り扱えるようになると、CDやDVDの関連商品も分かってくるので、さらに楽しんで出来ると思います。
 
そんな、おもちゃせどりを始めるなら、「おもちゃせどりマニュアル」がオススメです。
 
「おもちゃせどりマニュアルのレビュー」を見る
 
 


人気ブログランキングへ

最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ