なんで使うの?FBA -デメリット-

目安時間:約 4分

アマゾンの出品サービスの中に、FBAという頼もしいサービスが
あります。
このサービス、出荷を代行してくれるんですが・・
 
そんな頼もしいサービスなら、出品者全員使うだろう、と思いきや、
そうでもないですね。
 
実は、便利に見えるFBAにも、デメリットがあります。
 
そのデメリットとは・・
  

その1:利益が減る

 
FBAだと出品金額に送料が含まれてしまう事(自己出品は、
出品金額と送料分は別)、さらに保管料などの手数料が引かれて
しまうので、利益が減ってしまいます。
 
ちょっと図に表しますと
 
FBA:(△+◎)×0.85-○-● = 利益
 
自 己: △×0.85+◎ -○ = 利益
 
△:価格
◎:アマゾンで決められた送料
 (本は250円、CDなど340円)
○:カテゴリ手数料や成約手数料
●:保管料、配送手数料、梱包手数料など
  
図のように、FBAで厄介なのは、送料分に相当する金額にも
15%
が掛かってくる事ですね。
 
計算しなくても、同額で売れた場合、自己発送の方が利益が高い
ことが分かると思います。
  

その2:大型のものは保管料が高くなる

 
FBAを利用するには、アマゾンから指定される場所に商品を送り、
そこで保管されます。
売れるとその保管場所から発送されるのですが、売れた時、保管料
が発生します。
 
これが、本やCDなら、なかなか売れなくても大きな金額にはなり
ませんが、大きなおもちゃなどを送り、売れるまでにそこそこ時間
がかかってしまうと、保管料も大きくなってしまいます。
 
考えて利用しないといけません。
  

その3:販売機会の損失

 
商品を仕入れしても、すぐに出品ができません。
 
ある程度溜めて、アマゾンへ送って、入荷処理が済むまで、出品が
停止されてしまいますから、その間は販売出来ない在庫になってし
まいます。
 
早くFBAにするために、少ない数で送るのも手ですが、バーコー
ドシールを貼る手間を考えると、1シート分くらい(24個)は
商品を用意してから送ったほうが良いでしょう。
  
細かいデメリットは他にもあると思いますが、大きくこんな感じで
しょう。
 
つまり、そういったデメリットを考えて、FBAをあえて使わない
事もあります。
  
FBAなら絶対に売れる、という訳でもないし、逆に自己発送
だから売れない、という訳でも無いですね。
 
扱う商品によって、使い方を替えてみるのもいいと思います。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ