せどりの不都合な真実を考える(4)

目安時間:約 5分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
せどりの不都合な真実を考える(1)を読む
せどりの不都合な真実を考える(2)を読む
せどりの不都合な真実を考える(3)を読む
 
今回は、高利益を謳った宣伝に関するウソについて考えてみます。
 
 
例えば「500 円で仕入れた商品が 10,000 円で売れた!」のように、売値と仕入れとの差額を強調している広告です。
 
一見、なんだかスゴイ商品を取り扱っていますね。
 
ところが、この広告文には、どのくらいの期間で売れたのか(いわゆる回転)という視点がありませんね。
 
せどりの不都合な真実を考える(1)でご紹介しているレポートの著者さんは、この点を突いて「利益の話ばかりの人は信用できない。商品回転率の視点を持っている人は信用ができる」と指摘しています。
 
 
 
せどりを始めてしばらくすると、「売れる商品」を取り扱う必要性を感じます。
なにより、売れないと次に繋がらないですからね。
そういう意味で、サムハチもよく分かるんですが、ちょっと待って下さい。
 
確かに、宣伝文句には回転率の話は書いてないかもしれないけれど、宣伝文句を書いている人が回転率の視点を持っていないかどうかは、判断出来ないですね。
 
それに、実際に売れているなら、ウソとは言えない話です。
 
 
宣伝文句の目的は「短くインパクトのある言葉で目を引くこと」にあるので、「利益が高い商品を取り扱っている」という点に焦点を当てて、宣伝文句を作っている可能性だってあるはずです。
 
 
前回でも「冷静に」という話を書きましたけど、ここでも「冷静に」その人が「回転の視点が無いせどらー」かどうかを判断する必要はあるでしょう。
 
まったく触れないようなら、やはり要注意だと思いますね。
 
 
 
ちょっと横道にそれますが、商品の回転について、2点抑えておく必要があります。
 
1)ジャンルによってその傾向があるという程度で、回転が悪いから売れないと言い切れない
2)回転の遅い高利益の商品を扱う意味がある

 
1)については、例えば、クラシック系のCDってランキングは低く、回転は遅いジャンルだと一般的に言われています。
ところが、サムハチは、ランク30万位のクラシックCDでも、出品1週間後に売れた経験もあります。
 
だから、ジャンル全体として回転の傾向があるという話は出来ても、個別の商品については、断言しづらいのが現状でもあるんですね。
 
高回転商品には高回転商品を仕入れる基準があるように、回転率の低い商品には、それなりの仕入れ基準があります。
 
 
2)については、ここでは詳しく触れませんが、その意味をちょっと考えてみてください。
ヒントは”継続”です。
考えてみれば、必要な事が分かると思います。
 
そういったこともあるので、宣伝文句だからといって拒否するんじゃなくて、どんなせどりをしているのかを吸収していけば良いと思います。
そうすると、どんどん知識は広がるし、色々とチャレンジしていく方が、せどりの力はアップしていきます。
 
それから、せどりのすすめ方として、バランスの良い在庫を揃えるといいでしょう。
 
高回転ばかりだと、仕入れ範囲が狭くなり、忙しい割に利益が上がらなくなってくるでしょうし、反対に、利益率ばかり高くても、回転が遅く資金繰りが苦しくなる傾向にあります。
取り扱い商品のバランスって大切です。
 
 
 
初期は資金を増やすために、高回転系を中心に取り扱うにしても、少しずつ低回転高利益の商品も増やすようにすると良いでしょう。
 
そんな、「バランスについて」書かれたレポートがあるので、参考にしてみてください。
 
無料レポート↓
『CDせどらー&せどり初心者必見!せどりで意識するべき 3 種類のビタミン~せどらーにとって資金は命です。例えば〇〇棚と〇〇棚…同じように見えて、タイプはまるで違うんです。こういう違いさえ押さえておけば資金ショートなんて怖くない!』
 
 
次回は、「セールに隠された真実」についてお伝えします。
 
 

人気ブログランキングへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ