アマゾンのポイントサービスって

目安時間:約 5分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
最近、出品した商品は売れてますか?
 
とくに、アマゾンで出品している商品が、売れ行きが
悪くなってるなら、あるサービスが関係してる
かもしれません。
 
 
売れない時って、
 
”なんだかよくわからないけど、とにかく値下げだ!
 
これ、一番やっちゃいけないパターンですが、
焦ってついつい値下げに走っちゃいますよね。
 
 

値段を下げて売れたらまだしも、改善しない可能性も
ありますし、売れても薄利か、赤字になるようなら
本末転倒ですし。
 
それに、単に値下げをしても、他の出品者が、すぐに
価格下げてきますし、そうなるとさらに値下げする
ハメになって・・・
 
これ以上、言わなくても分かりますよね。
 
 
私も、3月の末から4月あたまにかけて、売上が
ズドーンと下がってしまい、
『やばっ。ぜんぜん売れてないよ』
なんて事になってました。
 
”価格が高いのか?”
とか、
”コメントが悪いのか?”
 
と思って、いろいろと試してみたんですが、
なかなか改善しなかったんですね。
 
 
「このままなら、先月の半分くらいになるかも」
泣きそうになってまして、
「そうなると、カードの支払いヤバッ!」
かなり、ガクブルものだったんですが、
原因がわかり、一気にV字回復しました。
 
これで、一安心。
 
 
この売れなくなってる原因、出品してればいつも
見てるところにあるんですが、設定してないライバルは
結構いまして、だからこそ、一気に回復どころか、
プラスアルファの効果が出たんだと思います。
 
お客さんの心理を考えたら、
”設定してある店舗から買うだろうな”
と分かるんですが、
出品側の心理からすれば、”設定したくないな”
と思うような機能です。
 
 
なので、今やっておくと、下手に価格競争するよりも
選んでもらいやすくなりますし、これまでのように、
1円や10円の価格調整なんてしなくても売れるように
なります。
 
価格調整をいちいちしなくていいなら、
商品管理も楽になりますし、私のように、
最安値で勝負しないラインナップなら、
設定しない手は無いと思いますよ。
 
 
でも、もしあなたが薄利多売でやっているなら、
”回転を上げて、利益を確保出来るメリット”を
最大限生かせないので、設定しなくていいかも。
 
あくまでも、「価格競争したくない」出品者には、
メチャ力強い味方です。
 
 
しかもこの機能、小口出品者には設定が出来ないので、
これから、これから差が開くことになるでしょう。
 
あなたが大口出品者なら、商品登録画面の設定価格の
下あたりをよく見てくださいね。
 
そこに、答えがあります。
 
 
 
私は、設定した途端に、これが売れました。
 
このシリーズは、店舗で見かけても、
値付けの厳しい事が多いです。
甘い店舗で見つけたら、ラッキーですよ。
 
270421

 
仕入れ値:(メルマガ内でお伝えしている情報です)
メルマガに登録する
 
ヤフオクでも落札出来ますが、落札するのも大変です。
ところが、これを利益が取れる価格で
仕入れが出来るってのは、”店舗ならでは”でしょうね。
 
 

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ