元祖ロールプレイングゲームの本

目安時間:約 4分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
CDとかをメインにやっていると、
本せどりってどんなイメージがあるでしょうか?
 
 
「ライバルが多くて飽和している」
「薄利多売で大変そう」
「バーコードが無いと厳しい」

 
こんなところでしょうか。
 
 
なんとなく難しいイメージがあって、
「本は全く見ない」という人も多いみたいですね。
 
 
でもそれって、非常に勿体無くないですか?
 
サムハチはというと、仕入れの時間が限られているので、
CDを見た後で、サブ的にざっと見るようにしてます。
 
 
そうやって見ることで、本に対してアンテナを
張っておく意味もあるし、見ない人もいるから、
あえて見ておくと、時々良い物が見つかる
からです。
 
キーワードをしっかりと抑えておけば、
沢山の数がある本でも、ピンポイントで
狙うことができます。
 
 
 
例えば、先日は、こんな本が売れました。
 
価格を確認する
 
良い値で出てるでしょ?
(仕入れ価格は・・、メルマガにご登録ください)
 
 
どんな本かというと・・・
 
 
 
サムハチが小学生の頃に流行ったジャンルなんですが、
「ゲームブック」とか「アドベンチャーブック」
とか言われてました。
 
聞いたことあります?
 
 
 
 
ドラゴンクエストに代表される、
ロールプレイングゲーム(RPG)の元祖
みたいなもので、
 
サイコロ片手に、本の中に書かれている
選択肢を選んでいって、エンディングを目指す
ゲームです。
 
 
今では、家庭用ゲーム機で手軽に遊べるようになったので、
手間のかかる「ゲームブック」は衰退しちゃいました。
 
 
初期の頃は
 
『火吹山の魔法使い』
『ソーサリー』
『ネバーランドのリンゴ』

 
といったタイトルがあって、
タイトルによっては、今でも高騰しているものがあります。
 
 
見つけた本は、こういったタイトルではなかったですが、
 
キーワード的にも良いですし、
時間はかかっても必ず売れると思ってました。

 
 
本って、数が半端ないので、鉄板のキーワードはもとより、
”ピン”とくるキーワードも組み合わせると
短い時間でも仕入れが出来るようになります。
 
 

人気ブログランキングへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ