店舗で穴場な仕入れジャンル

目安時間:約 6分

お金を稼ぎたくて"せどり"を始めたいけど、
案外、仕入れ以外にかかる費用が掛かりそうで、
二の足を踏んでませんか?
 
たとえば、中古CDだと、仕入れ資金は安くすむし、
回転もそこそこだけど、
高く売るには、研磨機とか、ケースも必要だし、
そのぶん時間もかけないといけないんですよね。
 
 
まあ、そういった初期投資が必要なものって、
それだけで参入障壁が高くなって、
 
ライバルは減るわけですけど、
たしかに、資金が少ないころは、
仕入れ以外の出費は減らしたいところですよね。
 
 
 
メンテがいらないといえば、新品のプレ値狙いなら、
仕入れの他に、ほとんどかからないですが、
 
メンテに手間はかからない反面、仕入れ資金は高くなり、
ライバルも多くて、すぐに価格競争がはじまるから、
 
『早く売り切らないと、たちまち資金不足になってしまう』
なんて不安もあります。

 
 
それ以前に、仕入れの金額が多くなるほど、
”これ、ちゃんと売れてくれるのかな?”
なんて、不安にもなりますよね。
 
 
そこいくと、中古は、仕入れの資金が
安く抑えられるのが利点だといえるでしょう。
 
 
もちろん、CDのように、自分でメンテしたほうが、
販売の価格をコントロールできるんですが、
中古でも、ほとんどメンテをしなくてもいい
ジャンルもあるんです。
 
 
そのジャンルは、経験上、ある程度は店舗側で、
綺麗にしてくれてますからね。
 
 
 
そこで、メンテナンスに手間とお金がかからなくて、
比較的早く売れる。
 
さらに、仕入れる人が少ない、
穴場なジャンルがあるとしたら、
やってみたいと思いますか?
 
 
そのジャンル、昔からあって、
”薄利”とか、”ライバルが多い”
なんて認識されてる部分もあるから、
”穴場”というと意外に思うんじゃないかな。
 
 
そこが穴場な理由には、2つあります。
 

あのジャンルが穴場な2つの理由

どうして、目新しくないジャンルなのに、
穴場なのかというと、大きく2つあります。
 
 
ひとつは、仕入れや発送の時、ちょっと手間がかかるんですね。
 
 
せどり慣れしてくると、”バーコードリーダー”、
いわゆるビームせどりで仕入れをする人が多いですが、
 
このジャンルは、バーコードがついてないものも多く、
コード番号を手打ちする商品が多いんですね。
 
 
それに、大きいものが多い。
おもちゃほどでは無いにしろ、サイズが色々あるので、
梱包にもちょっと手間がかかってしまうんです。
 
そういった、手間がかかる点がひとつ。
 
 
 
それから、もうひとつは、
一つの店舗でたくさんの仕入れができないこと。
 
 
穴場ではあるんですが、ジャンルを絞っているので、
検索する数そのものが限られてしまいます。
 
だから、ひとつの店舗だけで仕入れるとなると厳しい。
複数の店舗を回る必要がでてくるんですね。
 
 
せどりで大きく稼ぎたい人にすると、このジャンルは
メインにするには心許ないので、検索する人が少なくなります。
 
これが、穴場な理由の2つ目です。
 
 
 
このふたつ、一見すると、誰にとってもデメリットではあるものの、
手間がかかるほど、実践する人が少なくなる傾向にあるし、
 
メインで仕入れる人が少ないぶん、
仕入れの知識をしっかりと持ってるほうが
有利になってきます。
 
 
どれくらい稼げるのかというと、月の利益で、
5千円から3万円くらいになりますね。
 
幅があるのは、”どれくらいやるか”にもよるからです。
 
 
たしかに、メインにするには心許ない額ですが、
ちょっとした小遣い稼ぎにはいいですよね。
 
5千円稼げただけでも、
お昼のランチを少しグレードアップできるし、
積み立てておけば、ちょっとした旅行にもいけますし。
 
 
それに、店舗だと仕入れ数が限られてくるものの、
慣れてくれば、ネットからでも簡単に
仕入れが出来るようになります。
 
ネットから仕入れが出来れば、
店舗に行けない時間でも仕入れができますし、
何より、稼げる額も増えていきますよね。
 
 
具体的にどんなものを仕入れて、どう売るのか、
それは、このジャンルに特化したマニュアルで
身につけてください。
 
 
昔からあるにもかかわらず、
穴場になっているジャンルって何なのか、
クリック先に答えがあります。
(サムハチのブログ内のレビュー記事にリンクしています)
 
穴場のジャンルを確認する

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ