せどりする時、キーワードを意識する

目安時間:約 4分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
店舗で仕入れる時、仕入れに慣れない間は、
どうしてもツールに頼り切りに
なりがちじゃないでしょうか。
 
それとも、キーワードの重要性に気付いて、
気にしながらやっていますか?
 
 
 
「キーワード?何それ旨いの?」状態で、
ひたすら全頭検査が性に合ってるなら、
それでも良いんですけど、
全頭検査が好きな人ってあまりいないんじゃないかな?
 
とはいえ、その店舗へ行って、
最初の1回くらいは、時間がかかっても、
全頭検査をやってみるのも、良い経験です。
 
もちろん、ただやるだけじゃなく、
キーワードの収集するつもりでやるのが大切で、
得られるものが全然違ってきます。
 
 
 
キーワードを蓄積する利点って、「検索スピードの短縮」これに付きます。
 
例えば、ゲームコーナーでは、
いつも10分くらいしか見ないんですけど、
こういうのを見つけました。
 
キーワードで仕入れたゲーム
 
(仕入れ値はメルマガ情報です)
メルマガに登録する
 
どうして、このソフトが目についたのか、
ちょっとキーワードを考えてみてくださいね。
 
 
・・・
 
 
・・・
 
 
キーワードを考えるって面倒かもしれませんが、
自分が目についた商品を、
キーワードとして落とし込んでいくのに、
「なぜ?」「どうして?」と考える事が必要です。

 
 
 
・・・
 
 
・・・
 
 
 
このゲームソフトのキーワードは、最近色んな意味で騒がせている、
「NHK」
「キャラクターもの」という点です。
最初に、「全頭検査も良い経験」と言いましたけど、
数を稽古するのが基礎の力をアップさせてくれます
 
地道ですけど、そういった経験が
「これは仕入れの対象になるな」って分かるきっかけになります。
 
 
 
他人に教えてもらったキーワードもしっかり取り入れて、
さらに自分の経験から身につける。
 
そうして身につけたものを、
今度は他のジャンルにも波及させてみてください。
 
案外、共通するキーワードがあるので、
すんなりと仕入れの幅を広げられるかもしれませんよ。
 
 
 
キーワードを落とし込めるようになると、
半年後、1年後には、同じ検索時間で仕入れ出来る数が、
違ってくるでしょう。
 
ちなみに、この時期のキーワードは「○」(漢字一文字)ですね。
 
簡単なキーワードでも、ちょっと意識するだけで、
商品に対する見方が変わるかも。
 
 
メルマガに登録する
 
 

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

元祖ロールプレイングゲームの本

目安時間:約 4分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
CDとかをメインにやっていると、
本せどりってどんなイメージがあるでしょうか?
 
 
「ライバルが多くて飽和している」
「薄利多売で大変そう」
「バーコードが無いと厳しい」

 
こんなところでしょうか。
 
 
なんとなく難しいイメージがあって、
「本は全く見ない」という人も多いみたいですね。
 
 
でもそれって、非常に勿体無くないですか?
 
サムハチはというと、仕入れの時間が限られているので、
CDを見た後で、サブ的にざっと見るようにしてます。
 
 
そうやって見ることで、本に対してアンテナを
張っておく意味もあるし、見ない人もいるから、
あえて見ておくと、時々良い物が見つかる
からです。
 
キーワードをしっかりと抑えておけば、
沢山の数がある本でも、ピンポイントで
狙うことができます。
 
 
 
例えば、先日は、こんな本が売れました。
 
価格を確認する
 
良い値で出てるでしょ?
(仕入れ価格は・・、メルマガにご登録ください)
 
 
どんな本かというと・・・
 
 
 
サムハチが小学生の頃に流行ったジャンルなんですが、
「ゲームブック」とか「アドベンチャーブック」
とか言われてました。
 
聞いたことあります?
 
 
 
 
ドラゴンクエストに代表される、
ロールプレイングゲーム(RPG)の元祖
みたいなもので、
 
サイコロ片手に、本の中に書かれている
選択肢を選んでいって、エンディングを目指す
ゲームです。
 
 
今では、家庭用ゲーム機で手軽に遊べるようになったので、
手間のかかる「ゲームブック」は衰退しちゃいました。
 
 
初期の頃は
 
『火吹山の魔法使い』
『ソーサリー』
『ネバーランドのリンゴ』

 
といったタイトルがあって、
タイトルによっては、今でも高騰しているものがあります。
 
 
見つけた本は、こういったタイトルではなかったですが、
 
キーワード的にも良いですし、
時間はかかっても必ず売れると思ってました。

 
 
本って、数が半端ないので、鉄板のキーワードはもとより、
”ピン”とくるキーワードも組み合わせると
短い時間でも仕入れが出来るようになります。
 
 

人気ブログランキングへ

本せどりでプロフィット(利益)を高める

目安時間:約 6分

忘れないうちにクリックする

人気ブログランキングへ
 
 
本せどりと言えば、比較的資金が少なくても始められるし、回転が良い・・・つまり、売れるまでの期間が短いので、新規で始める人が多いジャンルですね。
 
 
でも、参入者も多くて、
「探してもなかなか見つからない・・・」
とか
 
「片っ端から調べるのに疲れた・・・」
 
そんな洗礼に合う確率も結構高いんですよ。
 
 
 
私も、本から始めたんですけど、あの量の多さに、正直萎えました。
 
 
(これで稼げてる人なんて、どんなに根性あるんだよ)
 
・・とその時は、知識なんてほとんど無くて、苦労したものです。
 
 
今では、「稼げるジャンルとか、キーワードを知らないだけだったんだな」と思えるんですけど、その時は結構本気で、
 
「せどりで稼げるなんて、嘘だろ(怒)」
 
 
って思ってました。(汗)
 
 
それくらい、本せどりでは、ジャンルとキーワードって重要です。
 
 
傾向がわかってくれば、
 
「このジャンルはスルーでOK」
 
とか、
 
「時間が無いから、このジャンルだけサラッと見よう」
 
とか、ピンポイントで出来るし、
 
「ランキンが低いけど、これは時間が掛かっても売れるから、仕入れとこう」
 
なんて、自分なりの経験も踏まえながら、考えて仕入れ出来るようになります
 
 
 
こういったノウハウって、知識と経験の積み重ねなので、何の力も借りなくても、根性で続けて蓄積することもできるでしょうが、
 
ある程度成熟しているジャンルなので、積極的に情報を取り入れる人の方が、早く成果が出ます。
 
 
これって、巨大な迷路に入るのをイメージしてもらうと、分かりやすいかもしれません。
 
独自でやろうとしている人は、何の知識も無いので、中に入ってから、通路を自分で探さないと行けません
 
何度も行き止まりに遭いながら、出口を目指している状態です。
 
これには、無料レポートとか、ネットで検索した知識だけでやろうとしている人も当てはまります。
そのレポートや知識が正しいかどうか、裏付けるものもないし、何より検証しないといけないですからね。
 
何も知らないより、ちょっとだけマシ、そんな感じです。
 
 
 
一方、身銭を切って情報を得た人は、
 
抜け道の場所を教えてもらったり、
迷路を最初に上空から見せてもらったり、
 
優遇してもらって、外から回れたり(迷路に入らなくて良い!)。

 
 
何より、貴重な時間が短縮出来るので、独自でやっている人が、四苦八苦して出口に出てきた頃には、身銭を切った方が、すでに何人もゴールしているでしょう
 
もちろん、ゴールまで辿りつけない人もいるので、たどり着けるだけ、まだマシかもしれないですが・・
 
 
 
私としては、アトラクションの迷路なら、迷いながら出口を目指すのが楽しいんですけど、「せどりの迷路」は、さっさと出たいです。(笑)
 
 
ちなみに、独自でやる方が、売れ残ったり、検証する必要が出てきたり、場合によっては辞めてしまうことで、貴重な時間も、資金も、無駄にする可能性があるんですよね。
 
 
とはいえ、せどりの進め方は人それぞれなので、独自でされるのも良いでしょう。
 
 
反対に、「どうせなら、早く成果を出したい」と思う方には、本せどりの抜け道を教えてくれる「プロフィットせどり」がオススメ。
 
 
概要は、「プロフィットせどりのレビュー」を読んでもらうとして、
 
ジャンル別の特徴」を見れば、スルーしてもいいジャンルが分かるし、
仕入れ重要度が数値化」されているので、重点的に取り組むジャンルも分かるようになってます。
 
他にも、雑誌編とか、攻略本編などで、キーワードも解説されてます。
 
 
真面目に取り組めば、初月で教材代くらいは元は取れるようになるはずです。
 
 


人気ブログランキングへ

積極的に●●を使う

目安時間:約 3分

仕入れをしに店舗へ行くと、
明らかに先に検索されてるのが
分る時ってありません?

 
そういう時、ちょっと萎えると思うんですけど、
あなたなら諦めて別の店舗に行きますか?
 
私の場合、ざっとですけど、
店舗を見て回ります。
 
 
今はビームを使ったり、
検索ツールを使って、
効率的にせどりが出来る
環境になってきてるんですけど、
  >> 続きを読む

最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ