出品しても売れない時の対処法(コメント編)

目安時間:約 4分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
商品の回転って、仕入れの時には気にしていても、
出品の時に気にしてないって事ありませんか?
 
もし、気にしてなかったら、
 
「何日くらいで売れるかな」
 
と期待に胸をふくらませて出品した商品も、
なかなか注文が入らない、
なんて事が起きるかもしれません。
 
 
出品した商品のいくつかは、期待通りに売れて行き、
残った商品は、ポツポツと時間を掛けて売れていく。
 
仕入れた商品のいくつかが売れ残るのは、
よくあることですが、売れた商品が少ない場合、
その後の仕入れに影響が出て来ますよね。
 
なにせ、資金が回収できなくて、次に繋ぐのが困難になります。
 
回転の良い商品を取り扱っているはずなのに、
なかなか売れない様子なら、
実はお客さんからそっぽを向かれてしまってるのかも。
 
その、売れ行きに左右される事とは、「コンディションの状態」欄に記入するコメントの事です。
 
この欄に記入するのって、けっこう面倒なんですが、
適当に書いていると、購入者には分かります。
 
あなた自身、ネット上で何か購入する時って、
状態が気になりませんか?
 
しかも、中古品を購入するとなれば、実店舗と違って、
手にとって見ることが出来ないんですから。
 
 
色んな商品のコメントを読んでいると、
「コメント欄が空白」とか
「欠点しか書いてない」とか
「店舗紹介しか書いてない」そんなコメントが一杯あります。
 
以前はそれでも売れていたのかもしれないけれど、
今は出品者も増えてますしね。
そんなコメントでは、
最後まで売れ残ってしまってるんじゃないかと、
ちょっと心配してしまいます。
 
もしこれまで、回転を意識して出品していなかったら、
3つのポイントを意識するといいです。
 
1.目立つコメント
2.購入者が必要な情報
3.アピールする

 
 
もっとも、必要な情報とは言え、
詳細に書けば良いというわけでもなく、
さじ加減が必要ではあるんですけどね。
 
その”さじ加減”を知るには、このレポートがオススメです。
 
『稼げないせどらー必見! 商品のコメントを詳細に書かなきゃ売れないは「うそ?!」 ライバルを出し抜き注文がバンバン入るコメント戦略!』
 
このレポートを読んで、コメントを改善し、
注文をバンバン受けちゃってください。
 
 
人気ブログランキングに参加中

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

あなたの街の古本屋

目安時間:約 2分

町の古本屋さんって行ったことあります?
 
チェーン店じゃなく、個人経営の店です。
 
 
なんとなく薄暗くて、狭くて、
一人で店番してて、せどりなんてしづらい。
私はそんなイメージ持ってます。
 
でも、気になるんですよね。
どんな本を置いてるんだろうって。
 
入ってみると、古い本が多くて、
結構利益のありそうな本も置いてるんですが、
せどり出来そうな雰囲気じゃなかったりすると、
結構キツイですね。
 
 
ただ、チェーン店と違って
確実にビームせどりは出来ないし、
初心者せどらーは来ないので、
ある程度キーワードを蓄積していれば、
古くても、高額な本を見つけられます。
 
 
その辺りの事を書かれたレポートがありました。

『【トシヒコ流】(チェーン店以外の●●●仕入れってどうなの?)
ちょっと検証してみました。大手チェーンとは違う特徴が!!
特徴をシェアさせて頂きたいと思います!!!』

 
 
古本屋は、いきなり行って仕入れしようと思わずに、
ある程度調査してから行った方が良いですね。
 
個人商店は、地域のつながりがあるので、
そこから品揃えが予想出来たりします。
例えば学校や病院が近ければ、
教育や医療の関連本が置いている
という感じで。
 
 
 
いろんなジャンルがあるなかで、
本の強みは、やはり回転が早い事です。
 
 
レポートでもあるように、
ブックオフなどのチェーンでは回転系を、
個人店では、寝かせても利益のあるもの
と使い分けると良いでしょう。

最近の投稿
これまでの記事

ページの先頭へ