軽い力で切れるカルカットレビュー

目安時間:約 5分

せどりする上で、揃えておきたい事務用品のひとつに、
”テープカッター”があります。
 
te-pu01_c_01
 
たいてい、どこの家にもあると思うけど、
”小さいテープ用しかない”
とか、
 
”たまにしか使わないから、百均で買ったものを使ってる”
という程度かもしれませんね。
 
 
かくいうサムハチも、ずいぶん昔に買ったいわゆる
”普通”のテープカッターを使ってました。
 

 
何に使うか、わざわざ説明する必要もないくらいですが、
主に商品の包装(ラッピング)作業ですね。
 
 
せどりで仕入れた商品って、そのまま出荷するより、
クリスタルパックなどで包装したほうが、
見栄えがよくなるので、必須の作業です。
 
 
きれいにしておけば、購入者様に満足してもらいやすいですし、
評価だって入れてもらいやすいから。
 
 
 
 
まあ、一般的なCDアルバムの大きさだと、
ちょうど入る大きさの”ノリ付き”のクリスタルパックがあるので、
セロテープの出番はありません。
 
 
ところが、デジパック仕様のCDとか、
幅の広いマルチケースといった”規格外のCD”を
包装する時には、大活躍してくれます。
 
 
ちょっと大きめのクリスタルパックに入れたままだと
手抜き感が出てしまうので、
 
こんな風に余った部分は、セロテープで止めるわけですが・・・
 
amari01
 
おもちゃ関係の商品なら、箱にピッタリ合う袋があることなんて、
ほとんど無いので、どうしたって、セロテープを使うことが多くなりますね。
 
amari03
 
で、その時に使うテープカッター、ちょっとこだわってみてほしいです。
 
それだけで、イライラすることも減りますし、
作業効率だって上がりますよ。
 
というのも、たまにしか使わないテープカッターを使って、こんな経験ありませんか?
 
 
・テープを引っ張った時、テープカッターが軽くて動いてしまった
 
・テープを切ろうとしたら、切れ味が悪くてテープが伸びてしまった
 
 
たまに使うならガマンができても、包装で使う機会が増えると、
ちょっとした事でも、だんだんストレスが溜まってきちゃうんですよ。
 
 
それで面倒になって、”包装するのヤメタ!”なんてことになると、
購入されたかたの満足感も減りますし、
もらえたかもしれない評価が入らなかったら、もったいないですよね。
 
なにせ、評価コメントに
”包装も丁寧で・・”
なんて書いてくれる人、結構多いですから。
 
 
 
だから、ちょっとした作業でも、
ストレスフリーで出来る環境を整えられるよう、
ちょっとこだわってほしいんですね。
 
 
・テープを引き出すときに滑り出さないで、
・切るときに、テープが伸びたりしないで
・スパッと切れるテープカッター。
 
これが理想ですよね。
 
そんな理想的なテープカッター、サムハチは使ってます。
 
それが、これ。
 
 

 
テープを少しひねりながら、下に軽く引っ張ると
”スパッ”と切れる感触が、
クセになりそう(笑)。
 
まさに、”カルくカット”できるテープカッターなんです。
 
 
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ