amashowとモノレートとkeepa

目安時間:約 7分

「amashow」というキーワードで、今でもよく検索が掛けられています。
ですが、残念ながら、amashowは、もう無くなりました。

amashowは「モノレート」という名前に変わり、その後、Amazonから警告を受けて、廃止となっています。
現在では、『keepa(キーパ)』を使うのが主流ですね。
>> 続きを読む

タグ:   

カテゴリ:keepa(キーパ) 

軽い力で切れるカルカットレビュー

目安時間:約 5分

せどりする上で、揃えておきたい事務用品のひとつに、
”テープカッター”があります。
 
te-pu01_c_01
 
たいてい、どこの家にもあると思うけど、
”小さいテープ用しかない”
とか、
 
”たまにしか使わないから、百均で買ったものを使ってる”
という程度かもしれませんね。
 
 
かくいうサムハチも、ずいぶん昔に買ったいわゆる
”普通”のテープカッターを使ってました。
  >> 続きを読む

ブックオフのビームせどり禁止の店舗は

目安時間:約 11分

せどり禁止のブックオフ

店舗せどりでバーコードリーダーを使えば、
『時間短縮になって便利!』ですよね。

 
でもでも・・
 
 
実際にブックオフへ行ってみると、
こんな張り紙が貼られているのを、見たことはありませんか?
 
「赤外線や携帯電話を使ったスキャン行為を禁止しています」
 
 
グーグルの検索窓に
「ブックオフ バーコードリーダー」と打っただけでも、
”禁止”なんて候補が出てくるぐらい、
ここ数年で、「せどり禁止」の張り紙をするブックオフが増えました。
 
検索禁止
 
 
「全店舗でせどりを締め出しするかも」 >> 続きを読む

バーコードリーダーは早い?検索速度比較

目安時間:約 7分

店舗せどりをしてると、バーコードリーダーを使って検索をする、
”ビームせどり”の話を耳にすると思います。

 
最初の頃はともかく、慣れてくると、
”買ったほうがいいのかな?”
なんて、迷うことがあるんじゃないでしょうか。
 
 
バーコードリーダーを使う理由は、”読み取りが早い”こと。
つまり、効率化を図ることができるわけですね。
 
 
本せどりなら、こんな動画のように、
次々と検索ができるので、効率的とされていました。
 

 
”ました”と過去形なのは、今は、こんな風にやっていると、
注意されることがあるので、検索方法としては敬遠されるようになっているからです。 >> 続きを読む

出版書籍

人気の高い在宅副業としてまとめた、電脳せどりの電子書籍を出版しました。

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ