amashowとモノレートとkeepa

目安時間:約 7分

「amashow」というキーワードで、今でもよく検索が掛けられています。
ですが、残念ながら、amashowは、もう無くなりました。

amashowは「モノレート」という名前に変わり、その後、Amazonから警告を受けて、廃止となっています。
現在では、『keepa(キーパ)』を使うのが主流ですね。

 

1.keepa(キーパ) Amazon Price Trackerとは

keepaは、アマゾンで出品されている商品をトラッキングしているサイトで、ドイツにある会社が運営しています。

機能としては、以下のようなものがあります。
 

  • 包括的な価格履歴グラフ
  • 値下げ&在庫復活時のアラート
  • 価格履歴グラフをAmazonの商品ページに直接表示
  • 最近の値下げ情報の概要
  • 頻繁に更新される巨大な商品データベース
  • 出品者の在庫個数

 
keepaも、amashowや、モノレートのように、商品のランキングや、出品者数の変動を監視して、データを無料で公開していました。

特徴としては、値下げや在庫復活時のアラートがあるところですね。
 

2.keepa無料版と有料版の違い

モノレートが廃止になるのと、ほぼ時を同じくして、無料で利用できていたkeepaは、無料で使える範囲と、有料で使える範囲が変わりました。

無料版の場合、読み取れる範囲が大幅に減少し、価格履歴グラフの、ほんの一部のみになりました。
【無料版】

  • アマゾン本体の出品の有無
  • 新品価格の推移
  • 中古価格の推移

【有料版】

  • ランキングの推移
  • 出品者数の増減
  • その他機能すべて利用可能

有料版の場合、毎月15ユーロドル(日本円で約二千円)支払えば、利用できます。
有料に登録すべきかどうか、という迷いが生じるかもしれません。

個人的には、そんな次元の話で迷うようなら、せどり自体辞めた方がいいですね。
というのも、keepaは仕入れ判断で欠かせない情報を取得するのに、必須なサイトだからです。

これがあるから、売れる商品を仕入れる事ができるのに、それをケチるなんて、どうなんだろうと。

スマホ欲しいけど、通信費払いたくないって言ってるのと、同じレベルですね。
毎月払いたくない?なら、持たなきゃいいよって話です。

ただ、「電脳せどりだけで良い」という場合は、実は別で無料のツールがあります。
まあ、それもいつまで使えるのか、分かりませんが。
 

3.keepaはどうやって利用する?

利用するには、以下の方法があります。

  • ウェブサイトで利用する
  • アプリで利用する
  • 拡張機能で利用する

 
ウェブサイトのURLは、こちらから利用できます。
keepaWEBサイト

アプリで利用するなら、こちらからダウンロード可能です。

iphone版:iphone版 keepa
android版:android版 keepa

拡張機能は、Chrome、Firefox、Opera、Edgeといったブラウザで使う事ができます。
せどりで使うなら、Chromeに入れておけば事足りるでしょう。

また、せどりツールに組み込まれている場合もあり、そちらから使う方が主流かもしれません。
 

4.keepaの活用

keepaにログインして、有料登録(サブスクリプションをオンにする)と、各種機能が使えます。
keepaで特筆する機能として、次の2つの機能は抑えておきましょう。

・トラッキング機能
商品の価格を、トラッキングしておいて、ある価格になったらメールで知らせる機能です。

トラッキング価格を指定し、その価格以上、または以下になったら知らせます。
また、設定は、アマゾンの価格か、新品か、中古か、それぞれ選ぶことができ、トラッキング期間も選ぶことができます。
トラッキングしたい、アマゾンの商品ページを表示して使います。



・在庫数チェック
現在出品している店舗の在庫を表示する事ができます。
設定は手動なので、自分で設定しなければなりません。

設定方法は、アドオンのリストにある「商品の在庫数を表示する」を「はい」にすれば完了です。


 

 

5.なぜkeepaを使うのか

実は、電脳せどりに関して、無料で使えるものがあります。
『デルタトレーサー』です。

Chromeの拡張機能として入れておくと、仕入れ判断に使える、『ランキングや出品者数』が、商品ページに表示されるので、とても便利です。

ですが、店舗に行く場合、デルタトレーサーは使えません。

厳密には、サイト経由で使えば、利用はできます。
しかし、ASINをコピーして、サイトに移動し、検索窓に貼りつけ、検索をかける、という一連の動作が、非常に手間になります。

ワンタップでは出来ないため、フラストレーションがMAXになるんです。
その点、多くの仕入れツールは、keepaにワンタップで移動できるようになっているため、使い勝手が全くと言っていいほど違うのです。

そんな時間の無駄を積み重ねる方がいいのか、月額料金を払って、サクッと終わらせるのがいいか、どちらを選ぶでしょうか?
 

6.まとめ


  • amashow、モノレートは廃止
  • keepa(キーパ)を使うのが主流
  • 無料版と有料版がある
  • 有料版は月額15ユーロドル
  • 利用方法は3種類「サイト」「拡張機能」「アプリ」
  • トラッキング機能、在庫数表示は便利
  • 多くのツールがkeepaと連動

タグ:   

カテゴリ:keepa(キーパ) 

この記事に関連する記事一覧

書籍出版

人気の高い在宅副業としてまとめた、電脳せどりの電子書籍を出版しました。

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ