安すぎる出品価格は・・・

目安時間:約 4分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
出品価格で、ずいぶんと安値で出してる出品者って
見かけませんか?

 
とくに、中古を出品する時に、コンディションによって
価格に差を付けていたら、気付くと思います。
 

例えば、”非常に良い”で出品できるような状態なら、
9000円台で売れるCDなのに、

 
ある出品者は、”非常に良い”の出品価格を、”良い”
のコンディションに合わせて6000円台で出品してる。
 
 
『でも、その商品、”非常に良い”の9000円台で、
自分は何度も売ってるんだけどなー』
 
そんな価格の出品者。
 
ちょっと目障りですよね。
 
 
 
放置してれば、他の出品者もその価格に合わせてしまう
かもしれない。
 
というか、価格改定ツールに頼る出品者が多いこの頃、
ほぼ確実に合わせてくるでしょう。
 
そうなると、本来なら9000円台で売れるのに、
自分も価格を合わせないと、なかなか売れなく
なってしまいますよね。

 
 
これ放置してると、予定してた利益が、大幅に減ってしまう・・・
 
 
そんな時は、安値で出してる出品者から、
刈り取りをしちゃいましょう。
 
 
『売れなくて価格を下げていく』というならともかく、
FBA出品していて、出品数も増えてるわけではないなら、
高くても確実に売れるんですけどね。
 
 
安値で出してる出品者は、
”とにかく早く売りたい”
一心なんでしょうけど。
 
 
私の場合、過去に売った商品を見なおして、
コンディションが丁寧に書かれてて、
「これ安すぎww」
なんて出品者に出くわすと、
即刈り取りして在庫を補充してます。
 

 
まだ、売ったことの無い商品だと、
適正価格がどこなのか分からないですけど、
一度でも売れた商品なら、繰り返し売れる可能性があります。
 
2度、3度と同じ価格で売れるようなら、
間違いないですね。

 
もちろん、モノレートの確認は必須です。
 
・継続して売れてるか
・出品者数は増加していか

 
なんてところに気をつけるといいでしょう。
 
 
もちろん、私も刈り取られてる側にいるのかも
しれませんけどね。
 
 
店舗をメインにせどりをしていると、ネットからの
仕入れって、リサーチが面倒でなかなか手が出ない
ですけど、過去の履歴から探すのが、手間が少なくて
良いですよ。
 
 

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ