せどりで売上目標を達成するには

目安時間:約 4分

人気ブログランキングに参加中

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。
 
 
月に5万円稼ごうと思ったら、
一体どのくらいの数を仕入れすればいいのか、把握してますか?
 
「そんなの把握する必要なんてあるの?」
「沢山仕入れが出来ればいいんじゃないの?」
 
そんな声が聞こえてきそうですね。
 
「たった5万円じゃなくて、月に100万円稼ぎたいから、
とにかく多く仕入れたらいいんじゃないの?」

 
なんて強者もいそうです。
 
 
その意気込みはいいんですけど、
今現在どれくらい稼げているのか、現実を見て欲しいんですね。
 
 
単純な話ですが、売上の計算は次のようになりますね。
売り単価 x 個数 = 売上(目標)金額
 
 
何が言いたいかというと、
”目標金額を達成するには、「売り単価」と「個数」をコントロールしなければならない”
 
ということです。
 
 
例えば、こんな商品があります。

CDの実績1
 
 
これは、実際に売れた商品ですが、
この商品で100万稼ぐには、何個必要でしょう?
 
 
 
単純に、月1,000個売らないと達成出来ません。
 
 
最初に”月5万円”と書きましたから、
話を5万円戻しても、50個ですね。
 
 
では、これなら?

CDの実績2
 
 
5万円なら4個です。
 
 
しかし、4個仕入れても、
全てその月に売れるということはありません。
 
チェックしていても、
経験上、2割程度が翌月以降に繰り越される感じ
なので、
その分も考慮しなければいけません。
 
 
そして売り単価も、さっきの例に出した商品だけを
扱っているわけじゃないですし、
現実的な数値を把握しておく必要がありますよね。
 
 
 
大口出品なら、1回あたりの売り単価は
Amazonの管理画面ですぐにわかりますが、
小口なら、自分で計算する必要があります。
 
 
例えば、月の平均売り単価が二千円なら、
5万円が目標なら、25個売れれば良いという計算ですね。
 
翌月に繰り越される在庫が2割とすると、
仕入れ数は32個以上になります。
 
 
ひと月に32個ですから、
一日あたり1個以上の仕入れが出来れば、
5万円は達成します。
 
 
これが多いと感じるか、少ないと感じるかは環境にもよりますが、
無理な数ではありません。
 
自分の目標とする仕入れ個数が何個になるのか把握すれば、
目標に近づくのも早くなるでしょう。
 
 
(利益が取れる商品を仕入れる事は、当然の前提で書いています。
単純な計算で話が出来るように、利益については割愛しました)
 
 

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

初心者はせどり資金を●万円を目安に増やせ

目安時間:約 3分

忘れないうちにクリックする

人気ブログランキングへ
 
 
せどりを続けている中で、なかなか資金が増えて
いかないって経験をしていませんか?
 
特に、少資金で始めると、なかなか増えてる実感って
沸かない
んですよね。
 
私も、初めに用意できる資金が1万円くらいだったので、
仕入れられる範囲も狭いし、何日かの仕入れで
使いきってしまうと、売れるまでの時間が長くて長くて。
 
しかも、仕入れたものが、すぐに全て売れる訳でもなく、
入金があっても、すぐに資金が付きてしまう
なんて事もありました。
 
 
せどりは資金が少なくても出来るビジネスですが、
少なくとも、仕入れ資金が5万円くらいになるまで、
利益は全て仕入れに充てて欲しいですね。
 
せっかく利益が出たんですから、何かに使いたいのは、
ものすごく分かります。
 
だって、その為にせどりを始めたんですから。
 
 
でも、ここで少し我慢。
 
 
5万円の資金があれば、どうなると思います?
 
 
 
売上げは単純に、1万円で仕入れていた時の
5倍になります。
 
当たり前とか言わないでくださいね。(笑)
 
 
取り扱い点数も増やせて、仕入れ単価も上げられます。
 
 
せどりって常に初心者が参入してきているので、
初心者が仕入れしやすい、単価の安い棚は、
ライバルが常に多い状態
なんですね。
 
もちろん、そんな棚でも仕入れは出来るんですけど、
数を揃えるのがちょっと大変。
 
 
そうした時、資金の少ないせどらーが仕入れない、
単価の高い棚から仕入れることで、ライバルは
グッと減り
ます。
 
仕入れ単価が高い商品は、当然相場もそれなりに
高くなるので、仕入れ数が同じでも、
売上げは嫌でも上がっていきます。
 
なかなか資金が増えてくれなくて、悩んでいるなら、
「利益の取れる商品」というだけで仕入れるのではなく、
回転の良い商品を、取り扱うようにしましょう。
 
 
ご質問があれば、メールをくださいね。
 
ランキングの数字だけ見ても、思うように売れて
いかないので、気をつけてください。
 
 

人気ブログランキングへ

最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ