見方を少し変えると見えてくる

目安時間:約 3分

店舗で、商品コードを携帯に打ち込み、
最安値を見比べる。
 
そんな正攻法で仕入れしていて、
なかなか仕入れづらい時ってないですか?
 
初心者なら、とにかく実績を出すことが先決だし、
リスクは負いたくないだろうから、
最安値だけを判断基準にしてもいいですが、
 
 
判断基準が多ければ、
「商品を多面的」に見れるようになります。

 
 
そこで、ある程度経験を積んでいるなら、
判断基準を増やすようにしましょう。
 
その一つに、
アマゾンの出品コンディションがあります。
 
 
アマゾンの規約って、
意識して探さないと分かりづらいから、
何となく確認しないままだったり、
見ていても忘れてたり。
 
 
でも、見ない事で損をしてるかも。
 
 
場合によっては、規約違反で
アカウント停止される可能性もあるんです。
 
まあ、アカウントの停止というのは、
余程のことがなければ起きないですが、
気にしておくに越したことはありません。
 
このページには、判断基準を広げる
仕入れのヒントがあります。
 
アマゾンマーケットプレイス 出品コンディション
 
そのヒントを効果的に活用したのが、
このレポート。

『元BOOKOFFエリアマネージャーが衝撃告白
『BOOKOFF「せどり禁止」の真実!』

 
レポートでは、ビームやバーコードせどりを
禁止している店舗について書いてますが、
 
13頁から17頁の内容は
「最近仕入れが厳しい」
という場合には必見です。

 
 
コンディションアップで、利益もアップ。
お客さんにも喜んでもらえる。
言うことなしですね。

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ