FBAの利点と欠点

目安時間:約 4分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
せどりのブログやメルマガでよく見かける「FBA」、
いったい、どんな利点(メリット)や欠点(デメリット)があるんでしょうか?

 
(FBAの意味についてはこちらから確認してください)
 
この記事では、全体を把握していただくために、
おおまかに説明しますね。
 
 
まずは、どんなデメリットがあるのか、気になりますよね?
 

 

FBAのデメリット

FBAは、便利なサービスなんですが、いくつかの
デメリットもあります。
 
 
・倉庫への送料、倉庫保管料、発送手数料などかかるので、出品する商品によっては、自己発送より割高。
 
・アマゾン倉庫に送り、受領されるまで出品に反映されない。
 
・倉庫に預けている間は保管料がかかるので、ロングテール、つまり長い期間を置いて売る商品には向いていない
 
・内容物を確認したい場合、返送手続きが必要にになり、時間が掛かる
 
・繁忙期には、紛失されることがある(補填あり)
 
・返金、返品処理が、詳細不明のまま、いつの間にか行われている。

 
 
この中でも、一番気になるのは、『自己発送より割高』
というところではないでしょうか?
 
ここに関しては、メリットの部分で帳消しになる場合も
あります。
 

FBAのメリット

続いて、メリットについてです。
 
 
・受注されてからの作業に手間が取られないので、病気や旅行で家を空けていても、滞り無く発送される
 
・商品をFBA倉庫に送るため、保管場所が不要
 
・「お急ぎ便」や、「コンビニ決済」など、お客さんのニーズに合わせた配送方法や決算方法が利用出来るようになるため、売れやすくなる
 
・上記と同じ理由で、FBAを優先的に利用する購入者も多くいるので、自己発送より多少価格を高くしても売れる
 
・新品を出品する時、カートボックスを獲得しやすい
 
・何かトラブルがあった時の対応をいつの間にかしてくれる
 
・アマゾン以外で売れた商品(ヤフオクに並行出品など)でも、FBAに納品していれば、発送してくれる。(マルチチャネル)

 
 
この中でも、一番目の『受注作業に手間が取られない』
というメリットは、個人でせどりをしている場合、
とても重宝します。
 
 
デメリットで挙げられていた、『自己発送より割高』は、
FBAなら『自己発送より多少価格を高くしても売れる』
事により、帳消しになります。
 
 
最近では、サービスの価値を理解していない業者が、
自己発送と同じか、それ以下の価格で出品している
ケースもありますが、慌てず、つられないよう価格を
付けるようにしましょう。
 
 

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ