モノレートのデータとアマゾン長期保管警告

目安時間:約 4分

アマゾン転売でFBAに納品すると、
”自己発送よりも売れやすい”なんてこと、
よく言われてますし、このブログでも紹介してますね。
 
FBAを使えば、スタッフを雇わなくても
迅速な発送ができるので、副業で転売するには、
必須といってもいいくらいのサービスですし。
 
 
で、このあいだ、FBAに納品する時、
こんな警告がでちゃいました。
 

 
長期保管在庫として、長期保管在庫手数料が発生する可能性があります。
 
 
わざわざ警告が出るってのは、アマゾンが蓄積してる
独自データから、予想販売日数を計算して、
こんな警告が出るようにしてるんでしょうね。
 
 
 
アマゾン様直々に、こんな警告されると、
なんだか出荷しちゃいけないような気分になって、
パソコン前で固まっちまいました(笑)
 
まあたしかに、モノレートで確認しても、
”ここ1年間の販売実績が無い”商品でしたが・・
 
 
サムハチとしては、”3ヶ月以内には売れるだろう”
と見込んで仕入れた商品なので、
結局、そのまま納品準備を完了して、送りましたけどね。
 
 
 
で、その商品がどうなったかというと・・
 
モノレートでは、ランキングだけガクーン、
在庫表示”なし”のまま、速攻で売れました。

280613olda2
 
え?わからない?
ランキングの右端で、グラフが下がってますよね。
 
そこです。
 
 
ここで言えるのは、
『同じデータを使っていても、読み取り方が違えば、
結論はまったく逆になってしまう』って
ことですね。
 
片や、モノレートのデータを見て、
”売れる”と思って出品してるわけで
 
アマゾン側は”なかなか売れないよ”と
判断したわけです。
 
 
まあ、モノレートはアマゾンのデータを読み取ってる
ので、アマゾンのほうがオリジナルデータですし、
精度も高いはず。
 
でも、その読み取りかたによって
結論は違っていたわけです。
 
 
”目の付け所の違い”
というところでしょうね。
 
 
たしかに、売れた数を見れば、
数年間で数えるくらいしか売れてないですよね。
 
 
でも、売り切れる直前に、立て続けて売れている。
 
 
これは、脈ありの商品だと判断したわけです。
 
 
もちろん、本当に売れるかどうかなんて、
出してみないとわからないです。
 
 
けど、今後こういったグラフがあった時、
仕入れるか、仕入れないかの判断が
つきやすくなりますよね。
 
 
他の人が仕入れに躊躇するような商品でも、
『売れる』って確信して仕入れできるってのは、
強みになりますよ。
 
 
もし長期間売れなければ、
調査の時に返送してもらえばいいワケですし。
 
 
 
ちなみに、この商品、この価格で売れました。

280613olda3
 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ