ヤフオク仕入れと、ネットショップ仕入れの違い

目安時間:約 5分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
店舗せどりが順調だと、
なかなか電脳って気が向かないんですよ。
 
 
仕入れ額が高くなるし、送料も掛かるし、
利益が少なくなるし、ライバル多いし

それに副業だと、両方やってる時間も無いじゃないですか。
 
 
さらに、手にとって商品を見れるわけじゃないから、
心配で心配で・・

 
 
 
サムハチも店舗せどりから始めたクチなので、
そんなマイナス面を考えちゃって、
気が向かないって気持ちってよく分かります。
 
ところが、最近せどり系のブログで目にする
「せどり禁止」の文字。
 
 
まあ、サムハチの通ってる店舗では、
「ビームせどり禁止」の張り紙は見たことありますけど、
全面禁止になっている店舗はありません。
 
 
その「ビームせどり禁止」の張り紙にしても、
しばらくして無くなったので、
そんなに心配はしてないんですが、
 
ずっと安全という保証もありませんしね。
 
 
 
そこで、この機会に電脳せどりに慣れておけば、
万が一せどり禁止になっても困らない
かなと。
 
 
サムハチも、電脳せどりと店舗の割合が
「1:9」と低いですが少しずつやってまして、
これくらいの割合なら、ツールとか必要ありません。
 
 
そこで、これから電脳を始めようと思って方向けに、
ちょっとした基本をお伝えしますね。
 
 
アマゾン出品が主体の「電脳せどり」というと、
次の3つが挙げられます。
 
●ヤフオク仕入れ → アマゾン出品
 
●アマゾン仕入れ → アマゾン出品
 
●ネットショップ仕入れ → アマゾン出品

 
この中で、「ヤフオク仕入れ → アマゾン出品」
が基本になります。
 
 
ヤフオクからの仕入って、
”フリーマーケットで出品されてる物を、
一つ一つ吟味して、掘り出し物を探している”

 
そんなイメージがあって、
 
アマゾンとかネットショップの仕入れって、
”店舗の安売りワゴンを覗く”ようなイメージですね。
 
後者の方が、”後から来ても何も無い、早い者勝ち”な感覚です。
 
 
 
そんな違いを理解して、仕入先としての
使い分けをすると良いです。
 
 
ヤフオク利用者って、
「時間がかかっても、良いものを、できるだけ安く」
買おうとするので、結果的にアマゾンとの価格差ができます。

 
 
価格差ができるから、
ヤフオクからの仕入れって、
比較的簡単にできるんですね。
 
 
しかも、アマゾンと違って、
いつも出品されているわけではないから、
 
調べるタイミング次第で、
ひっそりと落札出来る場合もあります。
 
 
例えば、このCDはヤフオクで仕入れました
 
http://sam8lor.com/bp8/hack_cd.JPG
 
(仕入価格は、メルマガ情報です)
メルマガに登録する
 
 
いつ、あの店舗が「せどり禁止」
になっても焦らないように、
準備は早くしておきましょうね。
 
 

人気ブログランキングへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ