CDせどりするなら、必須のキット

目安時間:約 3分

SIMO-R1の販売は終了しました。

CDせどりをしていると、「ディスク面の傷」は気になるところ。

傷があるのと無いのとでは、
コンディションに大きく影響しちゃいますからね。

まず「可」で出品しないと、後々の評価が恐ろしい事になるかも。

店舗で、「傷あり」の表示があるCDは、お店に頼んで研磨して
もらってもいいんですが、

そういった表示の無いCDを、後で検品して、傷があったりすると、
やっちまった」てなもんです。

経験上、シングルCDには、表記が無くても傷があることが多い
ですね。

そういう時、また店に持っていって研磨してもらうというのも、
手間だし、気が引けます。

しかも、せどりやっていて、頻繁にそういうものがでてくると、
もうお手上げ状態。

最低金額からいくらか引いても、なかなか売れないでしょう。

CDのリペアキットは、ホームセンターでも売っていて、この間
見たら、大体3,000円くらいでした。

amazonで「CD 修復機」と検索すると、3,000円以下で買える
ものもあるんですね。

でも、レビューを見ると、皆さん苦労してるんです。

なんか、読んでると、お金出してリペアキット買っても、
手間かかって大変なだけで、思うようなコンディションが得られ
ないんじゃないかって思います。

もっと信用できそうな金額で探そうかな、と思っても、一気に
20万超えしてて、とても個人で買うような金額じゃない。

じゃあ、個人で修復・研磨したい時、どうするのか、
私は、これを使っています。

『SIMO-R1』

CDせどらーには名の通ったキットなので、見た事があるかも
しれないですね。

2万円以下なので、投資と思えばそれほど大きな買い物じゃない
です。

これまで数十枚は研磨しましたが、読み込めないとか、傷が深く
なったということもありませんし。

また、そういったクレームも無いです。

パットを取り替える手間はありますが、ちょっとしたコツを覚え
れば、それほど苦には感じません。

なにより、自分で盤面をピカピカにするのは、一種の喜びかも。

最初についているパットは、数が少ないので、予備の購入は必須に
なりますが、それほど高くないし、研磨枚数を気にしなくてもよく
なります。

何より、「傷あり」表記の品物にビビる事がなくなるので、これを
持ってないせどらーがスルーするようなCDも、仕入れ対象になり
ますよ。

CDせどりするなら、このキットは必須の1台だと思います。

この記事に関連する記事一覧

出版書籍

人気の高い在宅副業としてまとめた、電脳せどりの電子書籍を出版しました。

最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ