せどりの不都合な真実を考える(5)

目安時間:約 4分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
せどりの不都合な真実を考える(1)を読む
せどりの不都合な真実を考える(2)を読む
せどりの不都合な真実を考える(3)を読む
せどりの不都合な真実を考える(4)を読む
 
最後の項目「セールに隠された真実」について見て行きましょう。
 
このゴールデンウィーク中にも、本全品20%OFFのセールをやってましたね。
 
bookoff GW sale
 
セールともなると、日頃は利益が取れないような商品も仕入れ対象になったりするので、一般客に混じってせどらーも、そこそこ見かけました。
 
サムハチは、実はセールの時に意気込んで行ったことはなくて、「行ったらセールやってた」くらいの感じで、日頃から意識はしてないです。
 
 
せどらーなら、セール攻略は当たり前なんだろうと思うんですけど、私が育った教材の「ステイブルせどり」では、セールに頼らない仕入れを推奨しているので、全く対策とかしてないですね。
 
 
そんなわけで、セール当日の雰囲気は分からないですが、色々と話を聞くと、「仕入れるために殺伐としている」そんな印象があります。
 
セール前日には、対象の品物を移動させるとか、棚の取り合いになるだとか。
 
 
レポートの中で筆者は、セールで必死になって仕入れしようとしているせどらーが、一般客の迷惑を省みない現場を目撃した上で、
 
「一般のお客さんや、店員さんに迷惑をかけないようにしよう」
 
と訴えています。
 
 
「”セールで仕入れた○○が、これだけの金額で売れました”という裏側には、迷惑をかけている現実があるんですよ」
そう言いたいんだと思います。
 
 
 
これについては、一定の割合で、周りに気を使わない人が、ある程度いると思います。
 
 
最近は少し緩くなってきているものの、せどり禁止の店舗は増えましたし、セールを大々的にやらなくなったのも、せどらーのマナーが悪い事が原因だと言われていますしね。
 
ビジネスでやっている以上、利益を増やす事に一生懸命やる事は必要だと思うんですけど、店員や他の客に嫌われるようなせどりをしないように、気を付けないといけないですね。
 
 
 
マナーを守って欲しいというだけでなく、店舗は大事な仕入れ先だし、一般のお客さんって、考えようによっては、アマゾンやヤフオク!で買ってくれる人と同じなんですよ。
 
そんな”お客さんに気遣い出来ないような人”が、長期的にビジネスを成功させることができるはず無い。そう思います。
 
「自分ひとりがやっても影響ないだろ」そんな風に思っていても、悪い事って目立つし、全体のイメージを作ってしまいます。
 
一人ひとりが我が身を振り返って、店舗も、一般のお客さんも、せどらーも、共存できる環境を心掛けてくれることを願いますね。
 
 

人気ブログランキングへ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ