せどりの失敗と成功

目安時間:約 3分

人気ブログランキングに参加中

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。
 
 
「失敗は成功の母」
一度は聞いたことがある言葉だと思います。
 
 
失敗って誰でもあることだし、その時に
「やっぱり、せどりなんてうまくいかないんだ」
なんて思ったら、どんなことをやってもうまくいかないでしょう。
 
 
先日、こんな本が売れました。
販売した商品を見る
 
仕入れ値は105円です。
そう聞くと、一見問題なく見えると思います。
 
 
 
でも、この本を仕入れたのが”2年半前”と聞いたら・・
 
「やっちまったな ( ̄ー ̄)ニヤリ」って思うんじゃないでしょうか。
 
 
そう、こんなに期間が開いてしまっていて、
この販売価格では、仕入れ失敗です。
 
 
「どうして、これを仕入れてしまったのか」
 
これを考えなかったら、無駄な失敗です。
 
 
この本の場合、失敗した原因は、「思い込み」でした。
仕入れた時のランキングは40万台で、他のライバルは無し。
 
当時はまだ「Amashow」の存在を知らなかったので、
 
キーワードに惹かれて、即売れだろうと思い、仕入れました。
 
 
でも、2012年当時の動きをAmashowで確認したら、
ランクはずっと100万位以下で、
2月に一度だけ、40万位台になってます。
 
Amashow

Amashowを確認する
 
 
たまたま、ランクが下がった時に、仕入れちゃったんですね。
 
キーワード的には良かったんですが、他の確認を怠って
「思い込み」で仕入れのが失敗でした。
 
 
この失敗体験から学んだのは、怪しい時(ランク40万位と低め)は
「レビューを確認する」とか、「様子を見ることも必要」という事でした。
 
 
それに気付いた後は、この2つの事を徹底しただけで、
「売れない在庫は仕入れない」=「成功体験」
を増やしていきました。
 
 
その後「Amashow」の存在を知ってからは、随分と楽になりましたけどね。
 
 
失敗と成功は、紙一重。
どちらも貴重な経験です。
 
 

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ