バーコードリーダー、消音設定できるけど・・

目安時間:約 6分

忘れないうちに応援クリックする

人気ブログランキングへ
 
 
「ピー!」
 
店舗で仕入れをしていて、バーコードの音が響いたとしたら・・
いや~な気持ちがして、冷や汗が出そうになりません?
 
バーコードを使う時、消音設定して、
音が出ないようにしてはずですが、
それを裏切るかのように鳴ったとしたら・・。
 
それほど厄介なことはありません。
 
『設定をしてるんだから、あり得ないでしょ』
と思いますよね。
 

でも、バーコードリーダーによっては、
あり得ない事が起きる事も。
 
せどりで使うバーコードリーダーには、
よく知られている機種が2種類ありまして、
ひとつは、MS910
もうひとつは、KDC200です。
 
私は、両方持っているんですが、
どちらも手の平に収まるサイズで、取り扱いには、
あまり差を感じません。
 
どちらかというと、MS910の方が、スリムな形を
してます。
 
違いはというと、KDC200は、小さな表示窓が
付いてまして、いろんな機能設定が出来ます。
 
スキャンの消音もそうですし、照射時間、
ビームの長さなど、省エネに関係する設定が
細かくできるんですね。
 
片やMS910は、表示窓が無いので、細かい設定は
できません。
 
設定には、バーコードを読ませて行いますが、
スキャン時の消音設定は出来ます。
 
 
ビームの照射を比べると、KDC200はシャープに
照射されるのに対して、MS910は幅が広くて、
若干読み取りにくい場面もあります。
 
 
価格は、MS910の方が安価なので、
『バーコードが読めるだけで良いから、
MS910でも良いかな』
と思いがちなんですね。
 
ところが、です。
 
 
MS910には困った機能がありまして、
これを知らずに、”安いから”という理由だけで
購入すると、後悔するかも。
 
 
その機能というのが、”オート電源オフ機能”
 
 
自動的に電源がオフになる事そのものは、
省電力になって良いんですが、問題はそこから
復帰する時。
 
 
「ピー!」
 
 
っと鳴ってしまうんです。
 
「あれっ?消音設定したのに、なんで鳴るの?」
と使ってみてはじめて、それに気付きます。
 
最初、店舗でこれをやったので、冷や汗でました(笑)
 
 
じつは、MS910の消音設定、
『バーコードのスキャン音』だけで、
電源を入れた時の音は消えません。
 
しかも、バーコードの読み取りボタンを押さないで
いると、3分で勝手に電源を切ってしまうんです。
 
 
まるで、ウルトラマンが3分しか変身できないみたいな
感じなんですよ。
 
まあ、こちらは、ウルトラマンと違って、
途中でボタンを押せば、延長できるんですが・・
 
 
なので、あなたがもし、本せどりのように、
一気に商品を全頭スキャンするせどりスタイルなら、
気にならないかもしれませんけど、
 
でも、メディア系などで、一つ一つ商品を調べて、
利益を重視するスタイルなら要注意。
調査したり、棚を回っていたら、3分なんてアッという間ですからね。
 
 
気がついたら、電源が勝手にオフになっていて、
復帰させる度に
 
「ピー!」
 
なんて鳴ったら、冷や汗ものです。
 
 
もちろん、
”鳴る前にスピーカー部分を指を抑える”とか、
”電源が切れる前にスキャンボタンを押す”といった
対処方法が無い訳ではありません。
 
私も、使っていた時は、そういったやり方をしていましたし。
 
 
でも、常にバーコードリーダーにも注意しなくちゃ
いけないというのは、けっこう落ち着かなくて、
仕入れに集中出来ないんですよ。
 
気をつけていても、検索に時間がかかって、
オフになっている時もあるし・・
 
 
こんな事、他ではほとんど書いてないので、
価格差だけで判断してしまいがちなんですが、
細かい事の積み重ねって、使ってるとストレスに
なりますから。
 
 
そんなことに気を使うくらいなら、長期間使う事を
考えて、使い勝手の良い、KDC200の方が、
断然良いと思います。
 
 
バーコードリーダーを選ぶ時の参考にしてくださいね。

KDC200 小型・軽量 データコレクタ 【Bluetooth搭載】
 
MS910ワイヤレスCCDスキャナ、ポケットタイプ
 
 

人気ブログランキングへ
応援クリックをお願いします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トラックバックURL: 
最近の記事
これまでの記事

ページの先頭へ